アメリカのテニス奨学金

スポーツ奨学金制度を利用してアメリカへテニス留学🎾

あなたがテニスプレーヤーで海外留学や新しい挑戦の場を探しているのであれば、返済不要のスポーツ奨学金システムを利用して、アメリカの大学へのテニス留学を検討してみるのもいいかもしれません。

皆さんもご存知の通り、アメリカはテニス先進国であり、日本からも若いうちからアメリカへとテニス留学をしている選手は少なくありませんが、費用が大変嵩張ってしまったり、その他の理由で諦めざるをえなかった人もいるのではないでしょうか?

しかし、正しいプロセスを踏み、スポーツ奨学金制度を利用すれば、有名な大学へその高い学費を大幅にセーブし有名な大学へわずかな費用で通えるだけではなく、テニスのレベルアップやコート内外で様々な新しい経験を積むことができ、キャリアアップにも大きく繋がります。

テニスはアメリカの大学で大変人気のあるスポーツで、多くのプロテニスプレーヤーがアメリカのカレッジテニスを経験しています。約1100校の大学がテニス奨学金を授与しています。

日本とアメリカのカレッジテニスの違い

日本の大学テニスは成績によりリーグの棲み分けがされていますが、アメリカのカレッジテニスにはこの概念が存在せず日本とは少々仕組みが異なります。

アメリカでは、大学体育協会やリーグは以下のように分類されます。

NCAA(全国大学体育協会)

NAIA(全国体育大学協会)

NJCAA(全米ジュニアカレッジ協会)

アメリカでは大きく分けて3つ*の大学協会が存在し、更にその中でディビジョン、カンファレンスという区分で分割されています。NCAAはディビジョン1、2、3、NJCAAはディビジョン1、2、3、 NAIAにはディビジョンはありません。テニスはNCAA, NAIA, NJCAAと全ての大学協会にて競技が行われています。

一般的にはNCAAのディビジョン1は一番強いリーグだと言われていますが、実はディビジョンは他の基準(大学の規模など)により分割されており、シーズンの終わりに昇格・降格などはありません。そして、NCAAのディビジョン2のトップチームはNCAAディビジョン1の中盤の大学よりも大幅に優れています。

NCAAのディビジョン2は、NCAAディビジョン1に比べて小規模な大学であり、NCAAディビジョン3は、比較的学業に重きを置いている学校が多く、スポーツ奨学金の提供がされていません。競技レベルでは、NAIAはNCAAのディビジョン2 に匹敵しますが、学校がサポートしている部活動の数が少なくなります。 NJCAAの大学は、2年制の学校であり、アメリカの大学システムや4年制の大学に慣れるための準備をする場としてインターナショナルの生徒さんに広く活用されています。2年制の大学で取得した単位は4年制の大学へ持っていくことが可能です。*

テニス奨学金を受け取るのにプロセスを始めるのはいつが最適か?

アメリカの大学にテニス留学するにあたって最適な時期は、高校を卒業した直後から2年以内です。 例外を除き、一般的にスポーツ奨学金を受け取れるのは18〜24歳のアスリートになります。アメリカの大学でプレーするには『エリジビリティ』というプレーをする資格が必要になります。最大で4年間プレーをする資格を与えられますが、日本の大学でプレーをした場合にも、貴重なエリジビリティは引かれてしまうので、より長い年数アメリカでプレーをするには早めに大学に入学するのが最適です。また、コーチは早いうちから優秀な選手に目を付け、奨学金のオファーを出します。したがって早めにプロセスを開始し、大学コーチに存在を知ってもらうことが重要な鍵となります。スポーツ奨学金を受け取るには、学校の成績や英語のテストも必要になります。より長い準備期間があればある程、有利になりますので、最高のチャンスを得るには、早ければ早いほど良いです! アメリカのカレッジテニスはプロとしてのキャリアを得るのと人間力を高めるための最高のチャンスであるため、できるだけ早くスポーツ奨学金の申請プロセスを開始することをお勧めします。ぜひ、人生を変える様なチャンスを掴み取ってください!!

遅くとも15歳頃から準備を開始することをお勧めいたしますが、それより遅くとも奨学金を受け取れるチャンスが0ということではありません。あなたにチャンスがあるかを確認するにはこちらよりお問いわせくださいませ。

アメリカのカレッジテニスシーズン

テニスのシーズンは春学期(1月)に始まり、全国大会は5月に行われます。試合によっては全国放送もされます。

アメリカのカレッジテニスにおける環境

大学テニス部の練習は学校によっても異なりますが、おおよそのチームが週5日1日2〜3時間行われます。大学の練習施設には芝生から練習できるエリアの他に、最新のテクノロジーが導入されたインドア施設、そして専門の知識をもった指導者により組まれた練習メニューやトレーニングを行います。

テニス部はヘッドコーチ、アシスタントコーチの他に、アカデミックアドバイザー、そして大学によってはテニス専門の知識を持ったトレーナーやコンディショニングコーチ、メンタルコーチや栄養士などもチームをサポートしており、それはまさに一流のプロをサポートする体制と全く同じ、もしくはその上の環境を大学が提供してくれるのです。

そんな環境の中で日々練習に取り組み、世界中から集まったハイレベルの選手たちと切磋琢磨しながらレベルアップしていきます。

どれくらいのレベルであればテニス奨学金は受け取れるのか?

テニス奨学金を得るには、一般的にUTRもしくはITFランキングが必要になります。

もし、あなたが既に全国レベルで戦っているのであれば、全額奨学金を受け取れるチャンスがあります。 大学のコーチはあなたのこれまでの成績のみならず、アスリートとしてのポテンシャルにも目を向けます。 スポーツの戦歴やアスリートの写真、ビデオ、およびアスリートの能力に関するスタッフのアドバイスなど様々な情報を基に選手をスカウトします。

より多い額の奨学金を受け取るチャンスを高める為には、大学に入学する前に全国レベルの大会によりたくさん参加することが重要になります。これにより、あなたが高いレベルで戦えることをコーチに証明することが出来ます。

あなたの学力やスポーツのレベルがアメリカの大学でスポーツ奨学金を受け取れる可能性があるかどうかを確認するために、無料査定を申し込みましょう。弊社の専門チームが、一人一人の成績を慎重に審査し、アメリカでスポーツ奨学金を受け取れる可能性があるかを見極めます。

OUR SERVICE

カレッジスポーツのエキスパートによるサポート

リクルーティングに必要なもの

●リクルーティング
プロフィール
●ゲームプラン
●動画
●スカウトチーム
●テスト
●登録

大学探し


●大学マーケティング
●大学コーチとの
コネクション
●オファー
●学校選択
●口頭約束
●入学申請書

入学手続き
&サポート

● NLI
●I20
●ビザ

大学ケア


●サポート
●編入・転校
●インターンシップ

キャリア


●プロ
●仕事
●アンバサダー

メディアと賞

アメリカへの第一歩を
踏み出しましょう!

世界一のスポーツ奨学金コンサルティングファームからの

サポートを受けてあなたの留学の夢を叶えましょう!