動画 著作権 肖像権

■ 採用・リクルート動画 1-1. 最適な会社をピックアップ・ご紹介させていただきます! 音源を制作した方から動画制作に関して使用許諾を得ている場合2. 商用配信用の動画コンテンツを制作することに係る手続き2. 知名度が高く、経済的に価値が高いと判断される人の氏名や肖像はパブリシティ権によって保護されています。勝手に氏名や肖像を使用すると権利侵害を訴えられるおそれがあるのです。パブリシティ権と肖像権の違いを、久留米オフィスの弁護士が解説します。 (平日10時〜21時). 00:11:47 249 views. お試し. YouTubeに動画をアップする上で、気を付けたいのが著作権です。 著作権については、しっかりと勉強して、正しい知識を身につけましょうね。 みんながやっているから大丈夫?? そんな曖昧なことは許されません。 肖像権. 著作権 2020.02.22 andes-melon 【著作権・肖像権】音楽のことをブログに書きたい。アルバム・アーティスト・曲を紹介する時の違法になる事・OKな事 著作権や肖像権を侵害していませんか? アーティストには著作権、肖像権があり、それらを侵害してはいけません 著作権は、思想又は感情を創作的に表現したもの(文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの)を創作した人が持つ権利です。 YouTubeにて、自分の気に入った音楽動画を他のSNS(Instagram、tweeter、facebook等)へ「自分のポジティブな感想を含めてシェア」すると、演奏されている方々の著作権や肖像権侵害に該当するのでしょうか? 被写体を特 … JASRACが管理している楽曲を利用する場合3. ■ Youtube 動画投稿サイトへアップする動画の場合, JASRACが著作権を持たない楽曲を使用する場合の楽曲使用に関しては、以下の3つがあります。, 音楽の利用において、著作権フリーのものも数多く存在します。著作権フリーとは、著作物に著作権が存在しない状態または放棄された状態のことを指し、商用利用も可能な楽曲となります。著作権フリーの楽曲を利用することで安全に動画制作をすることもできるので、うまく活用してみましょう。, 著作権がフリーの楽曲でも商用利用が可能か、楽曲の加工有無が可能かについても確認をしておきましょう。YouTubeでも無料で利用可能なオーディオライブラリが用意されていますので、場合によってはこちらの利用もおすすめです。, 楽曲を買うことで著作権を移転させることができます。比較的お手頃なものから高価なものまでありますので、予算に応じて検討してみましょう。買い取った後でも商用利用が可能かどうか、加工の有無についても確認するのがおすすめです。, また、iTunesで購入した楽曲については、動画には利用できませんのであくまで個人で楽しむようにしましょう。, 予算があれば、オリジナルの楽曲を作成するのもよいでしょう。特に企業で利用する場合、一度作成した楽曲を他の動画でも利用することもできますので、今後も複数の動画で利用する場合には利便性が高まります。, 音楽については制作者によって得意、不得意もあるため、どのような用途でどんなイメージかを具体的に伝えることが重要です。, 特に指定がなければ動画制作会社にお願いして、最適なものを用意してもらうのもいいかもしれません。, 動画を作って利用する場合、著作権・肖像権を正しく理解しておくことで後々のトラブルを回避することに大いに役立ちます。, 特に企業での動画利用の場合には、損害賠償や社会的なダメージを受けてしまう場合もありますので、社内でしっかりと確認しておくことが重要です。一度正しく理解しておけば、動画における著作権・肖像権は怖いものではなく、当たり前のものとなりますので、早めに社内でも共有しておきましょう。, また、他者の権利侵害にならないよう制作した自社の権利を、承認していない違法なダウンロードやコピーデータの拡散などから守るために、コンテンツ保護を目的としたDRMの利用を検討してみるのも良いのではないでしょうか。, ※本記事の内容は、すべての動画に該当するとは限りません。具体的な利用や適法などについては、個別に法律の専門家にご相談ください。, 聞き慣れないカタカナやalphabetの専門用語に頭を悩ませながら働く中、ある日突然、ブログ運営を任命された編集長。 著作権. ■ サービス・商品紹介動画 2019年=少しずつ。専門用語や動画配信にかかわる機能や仕組みを覚え始める。 著作権と肖像権は意外にも私たちの身近なところで発生する権利ですが、 これらの権利の違いをしっかりと理解している人は少ないように感じます。 そこでこのページでは、著作権と肖像権の違いについて簡単に解説します。 どうぞご覧ください。 こちらのブログでは既に動画配信をされている方はもちろん、これから動画配信を考えている方にも向けて、動画配信サービスや動画配信プラットフォームに関する基本知識やノウハウを発信していきます。, DRMは音楽や映像データの不正利用を防止するための仕組みとして提供されています。しかし専門的な知識や用語が出てくるので、ここで基礎知識を分かりやすく解説します。, 「ULIZA」は株式会社PLAYによって提供されている動画配信技術に関する課題解決サービスです。サービスの詳細は、上記「ULIZA」の画像リンク先にてご確認いただけます。, こちらのブログでは既に動画配信をされている方はもちろん、これから動画配信を考えている方にも向けて、動画配信サービスや動画配信プラットフォームに関する基本知識やノウハウを発信していきます。. 写真や映像で残されたくなかったこと、ネット上で公開などされたくないものは、誰しもきっとあると思います。 しかし、その全部が全部肖像権の侵害とは認められないのも実情です。では、どのようなものが肖像権の侵害と認められるのでしょうか? 例えば、代表例としては以下のような状況が挙げられます。 <肖像権の侵害になる可能性が高いケース> 1. 肖像権は写真や動画に写っている「人」に対して発生する権利です。 肖像権には、撮影された本人の許可なしに写真や動画が勝手に使用されることで、撮影された人に社会的な不利益が生じるのを防ぐ目的があります。 最近、学校でホームページをつくり、公開しているところが増えています。この関係で、著作権と肖像権についての質問をよく受けるようになりました。新聞や通信など印刷物とも関係が深いので、今回はこれを採り上げましょう。 この二つの権利は、人格権と財産権の両面を有している点、似た一面があります。著作権には、人格権としての公表権・氏名表示権・同一性保持権があり、財産権としての「許諾権」があります。 肖像権は、「みだりに自分の容貌の撮影をされたり、その撮影された画像を公表 … 動画制作おける著作権・肖像権の注意点を解説します。動画が使えなくなるなどのトラブルに発展しないよう、撮影時に気をつけることや、制作会社と契約書を交わすときのコツなどを網羅。初めて動画を作る方も安心です。 著作権 肖像権・パブリシティ権 IT・インターネット ライブ 「リモート社会とオンライン配信の著作権・肖像権ガイド(拡張版)」 弁護士 福井健策 (骨董通り法律事務所 for the Arts) 「小説や絵本など既存の作品を、YouTubeなどで朗読・読み聞かせしたい、という相談が増えている。 動画に登場する人物はもちろんのこと、偶然映ってしまった人物や撮影場所など、様々な箇所に注意する必要があります。, 著作権・肖像権を侵害してしまった場合には対象コンテンツの差し止めだけではなく、損害賠償や対応に多大な時間と労力が発生してしまう場合も考えられます。したがって担当者だけでなく企業として、前もって著作権・肖像権に関する正確な知識を習得していくことが大切です。, 今回は動画制作者や動画マーケティング担当者が、動画を制作または利用する上で知っておきたい著作権・肖像権について解説します。, 著作権とは、文化的な創作物を保護の対象とする権利で、著作権法という法律で保護されています。, 文化的な創作物とは、文芸、学術、美術、音楽などのジャンルにおいて、人間の思想、感情を創作的に表現したもののことで、「著作物」といいます。, 著作権は、権利を得るための手続きを必要としません。著作者が意識することなく、映像などの作品が完成した時点で自動的に発生して効力が生まれるため、特許や商標などと違い、登録などの手続きは必要ないのです。, このような自動的に権利が発生する考え方を「無方式主義」と言い、権利の発生以後、原則として著作者の死後50年まで保護されます。, 個人または企業によって独自に制作された企業などの動画広告・動画コンテンツはもちろんのこと、個人が撮影した動画も著作物に該当します。ただし、他者の模倣コンテンツは著作物には該当しません。, また、アイディアは著作物として認められていません。あくまでも形として見える成果物が著作物となりますので、その背景にあるコンセプトなどは対象にはなりません。, なお、「著作者」とは著作物を創作した人のことをいいます。動画の著作者に該当する例としては撮影監督、プロデューサーのような著作物全体の創作に寄与した人が著作者になります。, さらに、著作権と近いものとして、「著作隣接権」というものがあります。著作物を生み出した著作者ではなく著作物を広めるために重要な役割を果たしている人々、つまり、歌手や演者、レコード製作者、放送事業者などに認められる権利のことです。, 例えば、テレビやラジオ番組の映像や音声をパソコンに取り込んでインターネット上に流すことは、著作者と著作隣接権者の「複製権」、「送信可能化権」に抵触してしまうこととなります。, 著作権法では、自分のWebサイトで、テレビやラジオ番組の映像や音声を取り込むこと自体、営利・非営利に関係なく、著作者と著作隣接権者の許諾がなければできないことになっています。, そこで動画を撮影する際に注意しておきたいのが、自分や自社で動画を制作した場合はもちろん、制作会社に撮影や制作を依頼した場合でも、意図せず著作権・肖像権を侵害してしまう可能性が少なくないということです。, 某有名アーティストのファンクラブサイトで公開されたオフショット動画に、意図せず版権キャラクターが映り込んでいたことが発覚し、その動画の公開が緊急停止されるなどの事故が起きた例もあります。, 著作権侵害には、罰則が設けられています。意図的であるかないかに関わらず、著作者から損害賠償請求や不当利得の返還などを求められる可能性が生じてしまいます。, また、著作者が告訴することで犯罪として罰則が科せられる可能性もあり、著作権侵害の罰則は原則、「10年以下の懲役」もしくは「1,000万円以下の罰金」となる可能性がありますので注意が必要です。, さらにニュースなどで取り上げられてしまった場合には、社会的信頼の失墜など、より大きなダメージにもつながりかねません。, 肖像権とは、他人が無断で自分が映っている写真や動画などを使用しないよう主張できる権利です。著作権とは違い法律では規定されていませんが、憲法を引証として肖像権を認めた判例があります。, 人の顔だけではなくキャラクターのデザイン、外で撮影する際に映り込む看板などにも発生するため、場合によってはモザイクを入れるなどの対処をする必要があります。, 企業で動画を撮影する際に注意しておきたいのが、自社の従業員だとしても、動画に出演すると肖像権が発生するため、事前に使用許諾を得る必要があります。, 退職後の動画利用についても従業員の許諾が必要ですが、明確な意向が得られない場合は、その動画の使用を中止または修正して使用するほうがよいでしょう。, 従業員の退職にあわせて動画の編集ができないことも多いので、事前に許諾を得る際に、「退職後もしばらく掲載される可能性がある」などと記載しておくことが一般的です。, 仮に社内用の動画であっても、肖像権に関しては社外用の動画と同じレベルの確認が必要になります。また、社内用の動画には社外秘の情報を含むことも多いため、セキュリティ面にも充分注意しておきましょう。, その他にも、動画に無料素材やレンタル素材を使用する機会があるかもしれません。その際にもやはり気をつけるべき事項があります。レンタル素材は一律に使用許諾があるわけではないため、個々によって撮影したモデルの許諾を得ているか、登場する建物の許諾を得ているかなどの確認をしなければなりません。素材によって使用期間や用途が限定されている可能性があるので必ず確認するようにしましょう。, また、素材のサイト自体が信頼性として欠けていたり、何か少しでも疑問点や不安がある場合は、サイト運営者に問い合わせてみるのもひとつの方法です。, 著作権がJASRAC(一般社団法人日本音楽著作権協会)にあるかどうかで、使用条件や手順が異なってきますので、それぞれご紹介させていただきます。, JASRACが著作権を持つ楽曲をインターネット上の動画で使用する場合、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。, インターネット上の音楽使用については、「商用配信」と「非商用配信」に分かれています。, 収入の有無にかかわらず営利目的で行う配信のことを商用配信といい、企業や個人事業主が利用する場合にはすべて当てはまります。商用配信の場合には、あらかじめ音源制作者などに使用許諾を得た後、JASRACに対して以下の手続きを行うことにより利用が可能となります。, 1. 00:07:00 33 views. 画像の著作権について. 1 『肖像権』は判例によって認められている. 動画共有サイトYouTubeは誰にでも無料で利用でき、プロモーションビデオから音楽、健康法やハウツーものまで非常に幅広いコンテンツが投稿され毎日世界中で視聴されます。本来は個人撮影のビデオを共有することを目的に開設されたサイトなのですが、著作権を侵害する動画が投稿されるケースが多く社会問題になっています。 映像制作に携わる人はもちろん、映像制作を制作会社などに依頼する側の人もきちんと理解しておかなければならないのが著作権。 著作権について正しく理解していないと、思わぬトラブルに発展することもあります。 自分で映像制作を行って自分だけで利用するという場合なら特に問題はありませんが、ややこしいのが映像制作会社に映像制作を依頼した場合の映像の取り扱いについてです。 制作した側と依頼した側どちらに著作権が発生するのか、そしてその取扱いはどうなるのかなど、映像に関わる著 … さらに相場を理解するためのポイントや 非広告目的、非商用目的で利用する動画の場合5. 動画制作を依頼したいが、相場が分からず心配 拡散される可能性が高い <肖像権の侵害になる可能性が低いケース> 1. 1の手続きが済んだコンテンツをインターネット上で配信することに係る手続き, 商用利用の場合には使用許諾を得た後にJASRACに対して使用料を支払う必要もありますので、事前に確認しておきましょう。特にに個人よりも法人で利用する方が、厳格な管理が必要であると考えられます。, 個人が非商用目的で利用する場合に、JASRACが包括的契約を結んでいるYouTubeのようなUGC(User Generated Contents:企業ではなく一般ユーザーによって作成されたコンテンツのこと)サービスに投稿する場合については、JASRACと許諾契約を締結しているサイト内で一定の条件を満たせば、JASRACに許諾を得なくても動画をアップロードすることができます。ただし、音源の制作者である企業に使用許諾を得ることが必要です。JASRACが利用許諾契約を締結していないサイトでは利用することができません。, 非商用配信については、以下の条件をすべて満たしていれば、JASRACへの手続きおよび使用料の支払いなしで利用ができます。, 1. 運営とあわせて絶賛業界勉強中、かつ業界に詳しくない人にも分かりやすいブログを目指して奮闘中。, 2018年=入社。初の動画配信プラットフォーム業界入り。 講座の概要. 趣味や情報収集などにつかえるsnsでは、誰しも著作権や肖像権の侵害リスクがあります。多くの人がsnsを利用する現代で、それらについて知っておくべきことを、専門家である三浦正広教授に伺いました。 被写体をメインとして撮影されたもの 3. Wiki 等の場合の書き込み者 著作権 著作隣接権については、動画で考えると以下のようになる。 例えば地震や津波の際に一般の方がとっさに撮った映像の場合、著作権としては、動画制 作者(撮影者)の著作権について考慮する必要がある。 お客様の予算と目的を丁寧にヒアリング。 専任のコンサルタントが、 00:13:10 52 views. 岩田 ■ 会社・店舗・学校紹介動画 被写体を特定できる 2. JASRACが包括的契約を結んでいる動画投稿サイト(YouTubeなど)に投稿する場合4. 肖像権とは、他人が無断で自分が映っている写真や動画などを使用しないよう主張できる権利です。著作権とは違い法律では規定されていませんが、憲法を引証として肖像権を認めた判例があります。 人の顔だけではなくキャラクターのデザイン、外で撮影する際に映り込む看板などにも発生するため、場合によってはモザイクを入れるなどの対処をする必要があります。 企業で動画を撮影する際に注意しておきたいのが、自社の従業員だとしても、動画に出演すると肖像権が発生するため、事前に使用許諾 … ■ セミナーイベント動画 著作物を撮影して,投稿サイトへの投稿や放送によって公表すると複製権や公衆送信権の侵害となります。 しかし,たまたま写り込んだものも,形式的に違法とするのは行き過ぎです。 著作権法上の例外に該当することが考えられます。 <中継番組の映った動画投稿が適法となる具体例> 無料でプレゼントいたします! 創作物には、全てに「著作権」というものが発生します。 創作物とは、音楽、小説、マンガ、アニメ、ドラマ、映画、イラストなど、人によって創作された作品のことで、著作権を持っている人だけが、その創作物を自由に利用出来る権利を持っています。 先ほど例に挙げた、「YouTubeで曲を検索して視聴してみる」という行為ですが、アーティストによっては、YouTube公式チャンネルを持っており、これは著作権法に則った形でレコード会社やアーティストによって作成されているため、公式チャンネ … と肖像権を侵害することとなりますので、そのような利用方法もお控えください。 なお、実演 や興行、展示物などの中には、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影または録音など 人物が映った画像や動画を公表する場合に,問題となるのは,肖像権やプライバシー権の侵害です。 肖像権,プライバシー権は,著作権のように法律上の明文がありません。 この2つは似ている部分が多いです。 本サイト利用者は、各著作権所有組織の了解・許諾があった場合を除き、営利・非営利の目的にかかわらず本サイト上の文書・画像・映像等コンテンツを複製することはできません。 また本サイト上のコンテンツは著作権法により保護されています。 知的財産・知的財産権とは. 個人で動画を利用する場合6. もくじ. 2-1. 1 ブログで注意すべき「人物写真」のルール. 広告や宣伝で動画を活用する企業が増えています。動画は内容をわかりやすく伝えるツールとして優れている一方で、法律関係の知識を正しく理解しておかないとトラブルに巻き込まれてしまうこともあります。そこで今回は「動画コンテンツの著作権」についてお伝えします。 動画を業者に依頼する前の準備方法も ■ インタビュー動画 YouTube(ユーチューブ)で著作権・肖像権を侵害された時の、動画の削除依頼の方法|ネット上での誹謗中傷トラブルについて皆様の疑問にお答えしながら、解決に近づけるコラムです。|書き込み削除・投稿者特定なら【弁護士法人アークレスト法律事務所】へご相談ください。 弊社ヒューマンセントリックスは制作した成果物はすべてコピーフリーで提供させていただいております。 具体的には、お客様に納品させていただいた動画の全てにおいて著作権、複製権、上映権、頒布権、二次利用権などを気にせずにご利用いただけます。 なぜなら、私たちはお客様の成功が第一優先であり、動画をフルに活用していただきたいという思いからコピーフリーで提供しております。 しかし、一般的な動画制作現場 … 2020年4月30日. 最も問題になることが多いのが、画像や動画の使用。画像(動画)には、著作権と肖像権とパブリシティ権というものが存在するので少しややこしいのですが、まず抑えておいてほしいポイントから見ていきましょう。 1.1 著作権(写真の作り手がもつ権利); 1.2 肖像権(写真の被写体がもつ権利); 1.3 パブリシティ権(写真の被写体が有名人なら); 2 3つの権利をふまえたアウトorセーフのまとめ. 初心者の方でも安心してご相談いただけます。, ご相談はもちろん無料。また紹介された制作会社に必ず発注する必要はありません。動画の制作・発注にお困りの方は、お気軽にご連絡ください。, 動画の相場に関するガイドブックを 講座で学べること. 合わせて解説。 の相場の情報を徹底解説。 あらまし 著作権Q&A 契約マニュアル 著作権研究 著作権関連書籍紹介 著作権は著作物の創作の時に始まり、保護期間は作者の死後70年間存続*1します。著作権の不正使用や紛争を無くするために、協会では使用者側との契約を勧めています。「写真寄稿 2.1 どうしても有名人の画像を見せたいときのやり方 お急ぎの方は電話で相談 例えば、通行人の顔などが写りこんでしまった場合には、本人が特定できない場合を除き、当該通行人の肖像権を侵害する可能性があります。 肖像権は、「自己の肖像(顔や身体)をみだりに利用されない権利」をいうとされています。 よって、他人の顔や身体を勝手に撮影し、公表する行為は、原則として、肖像権侵害になります。 通行人の肖像が映り込んでしまった場合であっても、仮に通行人の後ろ姿だけしか映っていなか… という方はぜひダウンロードしてください。, 音楽・映像制作の現場を経て、スタジオ構築側の業界へ。マネージャー・コンサルタントとして制作現場の構築に携わる一方、自社オウンドメディアの立ち上げを含むマーケティングも担当してきました。現在アメリカ在住。作曲を含む音楽制作も提供しています。, お急ぎの方は電話で相談 著作権、肖像権について. ■ アニメーション動画 人または企業などによって”オリジナルで”創作されたものはすべて「著作物」とみなされます。企業などの動画広告・動画コンテンツはもちろんのこと、個人が撮影したホームビデオなども著作物に該当します。ただし、他人のマネをして制作されたものは、著作物に該当しません。 なお、アイデアは著作物として認められていません。あくまで”表現”としてアウトプットされたものが著作物であり、その背景にあるコンセプトなどは対象とならないのです。 動画・映像に関する著作権は非常に難しいもので、自社だけで制作しようとすると著作権の許可を得るために余計なコストが掛かってしまったり、フリー素材ばかり使っているせいでクオリティが下がったりしてしまいます。 (平日10時〜21時), ・オリジナルで制作したはずなのに、公開範囲が限定されていた・動画を永続的に利用できず、公開中止に追い込まれてしまった, 上記のような動画制作の著作権に関連するトラブルは少なくありません。また、意図せず動画に映り込んでしまった人物・建物の肖像権が問題になるケースもあります。最悪、損害賠償などに発展しかねない動画制作のリスクを回避するには、著作権・肖像権をしっかり理解しておくことが重要です。, ・動画制作における著作権とはなにか?・肖像権とはなにか?著作権との違いは?・動画制作時に注意すべき他者の権利とは?, 本記事ではプロモーション・マーケティングに動画を活用しようと考える担当者の方がトラブルに巻き込まれないよう、動画制作における著作権・肖像権の基礎知識を解説します。, ※動画制作を依頼したいが選び方がわからない!という方は動画幹事にご相談ください。あなたの要件を丁寧にヒアリングし、最適な制作会社をご紹介します。, 動画では、意図しないまま著作権・肖像権に抵触してしまう可能性があります。動画制作時に注意しておくべき各種権利について簡単に解説しておきます。, 動画制作における著作権とは「著作者が、自己の著作物の複製・翻訳・放送・上演などを独占する権利」のことです。, ・動画の公開媒体が限定されている(SNSの投稿は不可など)・動画の公開期間が限定されている(1年間しか公開してはいけないなど), 上記のような権利が著作権に該当します。動画制作会社が著作権を保有しているケースでは、契約で定められたメディアでしか動画を公開できない場合もあるでしょう。, 企画から撮影・編集まで動画制作を自社内で完結していれば、制作した動画の著作権は法人名義にできます。しかし、一部でも作業をアウトソーシングしていれば法人著作は認められません。この場合、著作権がだれに帰属するのかによって、制作した動画の利用方法に制限が生じる可能性があります。, 動画には音声・音楽が付き物です。アニメーションやCG、画像・写真・ナレーションなど、動画をより効果的に見せるための素材を利用することも多いでしょう。, 動画内で使われるBGMを含めた素材は、すべて著作権で保護されている可能性があります。既存の素材だけでなく、動画用に新たにオリジナルで制作された素材であってもそれは同様です。, BGMやアニメーション動画のキャラクターなど、無断でSNSや展示会のイベントなどで使用すると著作権に触れる可能性があります。動画内のすべての素材に関して、著作者がだれなのか?著作権を侵害していないか?確認するべきです。, 近年では、音楽・画像素材などを有償・無償で提供するサイトも存在しますが、ロイヤリティフリーを謳っていても、「商業利用は別途追加料金が必要」というケースもあります。素材サイトを利用する際には、利用規約を熟読しておく必要もあります。, 動画制作における肖像権は、大きく人格権(プライバシー権)と財産権(パブリシティ権)の2つに分かれます。, 人格権は、私生活の情報も含め、個人の顔・容姿を許可なく他人に撮影・描写・公表・利用されないための権利のこと。, 例えば、繁華街などで撮影した通行人で、明確に個人が特定できる映像をSNSなどで公開すれば、人格権(プライバシー権)の侵害に当たる可能性があります。ただし、個人を特定できない場合は人格権の侵害にならない可能性が高いです。, もう一つの財産権(パブリシティ権)は、タレントや芸能人など、顧客を商品などに引きつける「吸引力や訴求力」を持つ個人が、自身の経済的価値・利益を守るための権利のこと。, 具体的には芸能人、著名人などの写真をマーケティング目的で広告に利用すると、財産権を侵害する可能性が高くなります。, 従業員インタビューの動画では、自社の従業員にも肖像権があり、肖像権の存在をキチンと説明し、本人の許可を得たうえで動画制作する必要があります。, 動画に出演した従業員が退職したケースも想定し、「退職後も一定期間利用できる」ことを了承してもらうと、撮り直しのコストも削減できるでしょう。, また、ロケーションで街並みなどを撮影する際は、建物や看板などの映り込みにも注意が必要です。本来、人の権利である肖像権は建物や看板に適用されませんが、オーナーが肖像権の侵害を訴えてくるケースがあるからです。, 特にランドマークとして知られる建物には注意すべきです。敷地外から景観のひとつとして建物を撮影するのは問題ないですが、法的に撮影許諾が必要な建物も存在します。事前の確認が重要です。, 権利者の利益を守る財産権、権利者自身の人格・名誉を守る人格権があるという点では、肖像権も著作権も変わりありません。ただし、肖像権が全国民に等しく与えられた権利であるのに対し、著作権は著作物を創造した著作者本人のみの権利です。, また、著作権が法律で保護される一方、肖像権はあくまでも憲法で定められた権利であって法律ではありません。肖像権に抵触するラインが曖昧に感じられるのは、過去に行われた民事裁判の判例をもとに抵触ラインを判断するしかないからです。刑事責任が問われる可能性のある著作権とはこの点が大きく異なるといっていいでしょう。, ここまで、動画制作時に最低限注意しておきたい権利関係について解説してきました。実際の動画制作は外部の制作会社に任せたいと考えている企業がほとんどだと思われます。, しかし、動画制作を外部に委託したからといって、権利関係のチェックが簡単になるわけではありません。むしろ、動画制作をアウトソーシングするからこそ、注意しておきたい著作権・肖像権が存在します。, 制作会社は、クライアントの依頼に応じて動画を制作するのが仕事ですが、動画の著作権は、制作会社に帰属することがほとんどです。動画制作に携わったディレクター・プロデューサーを著作者とするケースが多いでしょう。著作者には上演権・演奏権・公衆送信権・展示権をはじめ、著作物の公開を許可する権利があることを忘れてはなりません。, 当初は、動画の公開をコーポレートサイトに限定していた会社でも、より幅広いメディアやイベントで動画を公開したいといったニーズが出てくるもの。しかし、著作権が制作会社に帰属することが多い動画の場合は、クライアントといえども自由に2次利用するのは困難なのが実情です。, 多くの場合、制作する動画の利用方法、公開できるメディアなどが業務委託契約書に明記されるため、契約内容を注意深く確認する必要があります。一部の制作会社では著作権譲渡に応じてくれる場合もあるため、相談してみるのもひとつの方法です。, 一般人の写り込みはプライバシー権を気にすればいいですが、タレントはプラスアルファで財産権(パブリシティ権)に注意が必要です。, ドラマ形式の動画を制作したい、商品・サービスのイメージを大切にしたいなどのニーズがあれば、自社従業員ではなく、タレント・モデルを起用して動画制作するケースもあるでしょう。この場合、肖像権とセットで注意しなければならないのが「パブリシティ権」。, タレント・モデルのほとんどは、パブリシティ権を含む肖像権の管理を、所属する事務所に一任しているからです。動画にタレント・モデルを起用する際は、モデル事務所との使用許諾交渉・契約が欠かせず、これを制作会社が担当するのか、自社で管理するのかもハッキリさせておく必要があります。, また、動画にタレント・モデルを起用した場合は、使用可能期間が1〜2年程度に限定されるケースがほとんどです。これは個人の人格に由来する肖像権の性質によるものであり、使用期限を撤廃する「買取」契約に応じてもらうのは困難です。タレント・モデルの使用可能期間が、動画を活用できる上限期間だと考えておくといいでしょう。, 動画制作をアウトソーシングする際は、制作会社と業務委託契約を締結します。本来、業務委託契約は発注側・受注側が対等の立場でWin-Winの関係性を築くのが基本ですが、自社に不利な条項が存在することも考えられます。, 知らずに著作権・肖像権に抵触してしまった、制作した動画が2次利用できなかったといった事態にならないよう、契約条項の修正に向けて交渉が必要になるケースもあるでしょう。その際のポイントを簡単に解説しておきます。, 動画制作を依頼したとき、すべての工程を制作会社が行うとは限りません。例えば、ナレーションだけ外部の会社やフリーランスに依頼するなどのケースもあります。その際、実力のわからない第三者が動画制作に関与することによって、品質が損なわれる、納期が遅延するなどのトラブルが生じる可能性があります。, このような場合に契約書の「乙(制作会社)は業務のすべて又は一部について第三者に委託できる」を「乙(制作会社)は業務のすべて又は一部について第三者に委託できない」に変更するなどが考えられます。, 信頼して任せるのだから絶対に自社制作して欲しい、といった譲れないポイントを主張したいときに交渉するといいでしょう。, 契約条項に制限を加え、要件を変更してしまう修正案です。上述した「第三者に委託できない」という契約条項は、簡単に制作会社が承諾できるものではありません。そこで「第三者に委託できる」の前に「甲(発注者)の承諾を得た場合に限り」という制限を加えます。これであれば、発注者・受注者双方が納得しやすくなります。, 契約条項に譲歩を盛り込んで、受注者に納得してもらう修正案です。「動画の2次使用は不可」という契約を締結してしまえば、当初の目的以外に動画を利用することはできません。, 動画を幅広く活用できる可能性を持たせるためにも「2次利用の際は別途料金を支払う」「目的以外の動画利用については別途協議にて決定する」などの譲歩案を提案しておくといいでしょう。, 著作権・肖像権が複雑に絡んでくる動画では、制作に関連するトラブルを回避するためにも業務委託契約書のチェックが重要です。以下の記事も参考にし、スムーズに契約締結を進めてください。, ここまで動画制作において注意すべき権利を解説しました。中には、著作権に関してさらに詳しく理解しておき、今後の参考にしたい方もいるでしょう。そこで最後に、動画制作にとどまらず、著作権そのものについて解説します。, 著作権とは、そもそも知的な創作活動によってなにかを創り出した人に与えられる「知的財産権(他人に無断で利用されない権利)」のひとつ。, 知的財産権には、特許、意匠、商標などの「産業財産権」も含まれますが、文化の発展を目的とした著作権は「無方式主義」という、ほかとは異なる性質を持つのが特徴です。, 特許などのように申請・出願といった手続きを必要とせず、著作物が創られた時点で自動的に「著作権」が与えられ、原則、著作者の死後70年まで「著作権法」によって保護されます。, 著作権の侵害は、イコール著作権法違反という犯罪でもあるため、損害賠償を含む民事訴訟リスクがあるほか、刑事罰を受ける可能性もあります。刑事責任が問われるのは故意性(知っていながら著作権を侵害する)が認められた場合に限りますが、最大10年の懲役、最大1,000万円の罰金のいずれか、または双方と、罰則が重く設定されていることが特徴です。, 著作権を含む知的財産権は、時代の変化とともに対象が拡大する傾向にあるため、扱いには細心の注意が必要です。, それでは保護の対象となる著作物とはなんでしょう?著作権法では以下のように定義されています。, ・思想または感情を創作的に表現したもの・文芸、学術、美術または音楽の範囲に属するもの, 具体的な著作物の例としては、小説、音楽、美術、映画、コンピュータープログラムなどが挙げられており、新聞、雑誌、百科事典などの編集物も「編集著作物」として保護されます。著作物の対象とならないのは、単なるデータ、アイデアなどであり、模倣物や工業製品も著作物から除外されます。, 著作者とは「著作物を創った人」です。著作権法で保護の対象になるのが「著作物」である一方、著作権の帰属先は「著作者」であるという関係性があり、動画のようにチームで制作された著作物であれば、ディレクター・プロデューサーなどが著作者とされるケースが多いようです。, また、著作権は著作者個人に与えられるのが基本ですが、一定の要件を満たした場合に限り、創作した個人が属する会社に「法人著作」が認められます。たとえば、従業員を著作者とする定めのない会社が、自社業務としてプロモーション動画を制作すれば、その動画の著作権は法人に帰属します。, 著作者には、著作物の利益を守る著作権(財産権)に加え、著作者本人の人格・名誉を保護する「著作者人格権」も与えられます。また、著作権には演奏家、放送事業者など、著作物を万人に伝えるための人に与えられる「著作隣接権」があるのも特徴。, 著作物の利用方法ごとに著作者の権利が細かく定められている著作権は、権利の束だといわれることもあります。, 本記事では、トラブルに巻き込まれないための著作権・肖像権の基礎知識から、動画制作会社と契約する際のポイントまでを網羅的に解説してきました。最後に重要なポイントをおさらいしておきましょう。, ◎著作権とは?・知的な創作活動によってなにかを創り出した人に与えられる権利・著作者の権利は著作権(財産権)と著作者人格権・著作権は権利の束といわれる法律, ◎肖像権とは?・個人の顔・容姿を許可なく他人に撮影・描写・公表・利用されないための権利・肖像権はプライバシー権とパブリシティ権・肖像権は法律ではない, ◎動画制作時に注意するべき権利・動画自体の著作権・動画内の音楽・画像などの著作権、登場人物の肖像権, ◎動画を制作会社に依頼した時の著作権・肖像権・著作権は制作会社に帰属する場合がほとんど・契約内容によっては動画の2次利用が制限される・タレント・モデルとは別途契約が必要、使用期間に制限がある, コンプライアンスが重視される現代だからこそ、動画制作でも著作権・肖像権の取り扱いが重要。無用なトラブルを避け、制作した動画を最大限活用するためにも著作権・肖像権の知識は必要ですが、信頼のおけるパートナーとしての制作会社選びも重要です。どんな会社に依頼したらいいのか迷っている方は、ぜひ動画幹事にご相談ください。, なかなか自分で探す時間がない・そもそも制作会社の違いが分からないという方は動画幹事にご相談ください。動画幹事は、あなたに最適な映像制作会社を「人力で」マッチングするサービス。専門のコンサルタント丁寧にヒアリング、予算や目的に合わせて最適な会社を選定・紹介します。, コンサルタントのご紹介

電子辞書 中国語 ピンイン, 赤ちゃん きな粉 どれ, 中島 美嘉 ドレッド, しずえ 放送 内容, 伊之助 かっこいい 漫画, 2018 秋アニメ ランキング, 石原さとみ スペイン 動画, Twitter 凍結 自然解除, 押しがけ バイク かからない, 闘病ブログ あいこ 顔,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *