テレビ 画質設定 おすすめ シャープ

薄型テレビ・液晶テレビ(画質)満足度ランキング!購入後の「満足度」が高い製品を探すことができます。価格情報やスペック情報、クチコミやレビューなどの情報も掲載 … 入力された映像をパネル全域に表示する。実質的にはオーバースキャンモードとして動作する, 入力信号の1ピクセルをパネルの1ピクセルに対応づけて表示する。実質的にはアンダースキャンモードに相当する. 高精細な新4k8k衛星放送が始まり、臨場感あふれる映像が楽しめるようになった「テレビ」。 スマートフォンAQUOS(アクオス)の写真や動画を大画面のテレビに映そう!Google CastやMiracastを使ってスマホからテレビに映す方法をご紹介。シャープモバイル製品のオフィシャルサイト。 まったくテレビを見ない、という人もなかにはいるかもしれませんが、一人暮らしをする際の必需品の一つとして、テレビは外せない家電でしょう。でも、一口にテレビといってもサイズもいろいろですし、さまざまな機能を備えた機種を各メーカーが販売していますので、どれを選べばいいのか分かりにくいものです。... スマートフォンやタブレットの充電に欠かせない「モバイルバッテリー」。AnkerやBUFFALOなどの各メーカーから、容量・大きさなど、さまざまな種類が販売されています。女子にとっては見た目のかわいさやおしゃれさといったデザインも見逃せませんよね。今回は、モ... 【かゆみを軽減!】フケにおすすめのシャンプー人気ランキング10選【2020年最新版】. 数ある人気メーカーの中でもどこのテレビを買うべきなのか?今記事では、テレビをの購入、買い替えを検討している方へ、失敗しない選び方から東芝やソニー、パナソニックを筆頭におすすめテレビメーカーの特徴や人気の売れ筋商品まで詳しくご紹介しま … 40代に突入したころから、これまで気にならなかったハリ・ツヤ不足、毛穴の開きが目立ってきたという人も多いかもしれません。化粧水は、ドラッグストアで気軽に購入できるものからデパコスまで豊富に販売されていますが、高保湿のものやツヤ・エイジングケアに特化したものなど特徴もさまざま。40代のお肌... 【2019年版】ガジェットブロガー推薦!これだけは買って欲しいスマートホーム製品7選【コスパ抜群】, ゲーム機本体、プレイステーション4(PS4)ソフト、プレイステーション3(PS3)ソフト. バックライト … ちょうどいい明るさに設定※映像省エネ設定をオフにすると変更可能 3. オリンピックイヤーだった今年、メジャーメーカーの4kチューナー内蔵テレビのラインナップが出揃っています。そこで今回は、メジャーメーカーの4kテレビ全21モデルを徹底比較。「4k有機elテレビ」「格安4k液晶テレビ」「高性能4k液晶テレビ」それぞれの最強の製品を決定します! 色の濃さ … 55 (HDRは「65」) 7. 第222回 お手頃4k aquos「lc-45us40」の絶妙なhdr画質と価格感。シャープの戦略製品に迫る ]ボタンを押すと、その項目を解説する電子取扱説明書の該当ページにジャンプができるのだ。シャープ用語、AQUOS用語も少なくないので、「何の設定だこれ?」と思ったときにはとても便利であった。, AQUOSといえば、最初期からテレビにインターネット連携機能を搭載していたが、本機でもそのあたりについてはユニークな機能が搭載されている。今や一人一台ペースで携帯電話を持っているため、ちょっとした調べものや欲しい情報の取得は、テレビを使わずにゴリゴリにパーソナル・カスタマイズされたスマートフォンを使ってしまう。なのでテレビに搭載されているインターネット連携機能は、複数回のリモコン操作をさせる時点でほとんど使われない。一般ユーザーに使わせるには「リモコン操作をほとんど使わなくて済むこと」「スマートフォンを使うことがむしろ遠回りとなる調べ物であること」に拘る必要がある。, LC-45US40では[インフォメーション]ボタンを押すことでTSUTAYA TVやクランクイン!の人気コンテンツランキング情報、天気予報、おすすめ番組情報、未視聴録画番組情報を表示してくれる。初期設定は少々面倒だが、一度設定すれば[インフォメーション]ボタンを押すだけで、インターネット上や本体側の最新情報が見られるようになる。, もう一つは「スマートサーチ」機能だ。LC-45US40は、ネットコンテンツをキーワード検索する機能が搭載されているが、文字入力は画面キーボードからのリモコン入力で最初からやる気が削げる。音声入力にも対応していないので、ほとんどこの機能を活用しないのでは?…と思われそうだが、実は、テレビ番組、録画番組を見ているときに限っては、番組情報から抽出した想定キーワードが、検索キーワード候補として自動入力されて一覧展開されるので、ユーザーはそれを選ぶだけで検索が行なえるのだ。この機能は[虫眼鏡アイコン]ボタンで一発呼び出しできるのでリモコン操作も最低限だ。, AQUOSと言えば、2画面機能にも力を入れているが、LC-45US40のものもなかなか高機能だ。, 2画面表示できる組み合わせは、HDMI入力同士が不可だが、それ以外はほぼ全てOK。HDMI入力とデジタル放送はもちろん、デジタル放送同士もOKだし、USB HDD録画コンテンツとデジタル放送もOK。Miracast画面はデジタル放送やHDMI入力と組み合わせることもできる。, また、2画面機能は2つの画面を横に並べる「サイド・バイ・サイド」表示のほか、親子画面の「ピクチャー・イン・ピクチャー」表示も選べるのはたいしたものだ。, 録画機能についても簡単に触れておこう。LC-45US40は、3チューナを搭載しているのでUSB HDDには2番組の同時録画をしつつ、録画中の番組とは別の番組を視聴することができる。, 表示遅延は、公称遅延値約3ms、60Hz(60fps)時0.2フレーム遅延の東芝REGZA「26ZP2」との比較計測行なった。最近問い合わせがあったので改めて言及しておくが、映像はPC側から2画面出力しているのではなく、HDMI分配器からの2画面出力で計測している。, 結果は、「ゲーム」モードで60fps時、約3フレーム(50ms)、「標準」モードで60fps時、約9フレーム(150ms)の遅延が計測された。最近の製品は「ゲーム」モード時は、1フレーム未満の機種が多いので、この結果は少々残念だ。, 液晶パネルは垂直配向型のVA型液晶パネルを採用する。VA型なので、視野角的にはIPSよりも狭めということになるが、画面に相対する正面付近から見る分には特に問題は感じない。むしろVA液晶特有の黒の締まり感の良さが際立つ。, いくつかの方向から見てみた感じでは、左右・横方向から見た時の色変移よりも上下、縦方向から見た時のほうが、色変移は大きいと感じる。着座位置と設置台に載せた本機の画面中央との位置関係はある程度、購入前にシミュレーションしておくべきかも知れない。, バックライトシステムはエッジ型LEDバックライトを採用する。エッジ型だと表示映像の明暗分布に連動して輝度分布を変化させるエリア駆動への対応ができない、もしくは動作が限定的となるわけだが、直下型バックライト機には及ばないまでも、黒浮きは最低限に抑えられている。, 今回の評価では意地悪に、左右で全白全黒に分かれている画像や、上下で全白全黒に分かれている画像を表示してみたが、その最暗部の黒色の照度はどちらの画像でも変わらなかった。しかも、その黒から漏れてくる光は最低限だ。VA型液晶の特性なのかも知れないが、エッジ型バックライトでも黒表現はかなり良好だ。フレーム単位でバックライトの輝度調整を行なっていることもあり、「黒浮きが気になる」という局面はそれほどない。, また、ユニフォミティ(輝度均一性)もテスト画像で確認した限りは良好。もともとAQUOSの上位シリーズはユニフォミティに拘る傾向があるので、このあたりは従来通りの安定の品質という印象だ。, 発色も良好で、赤緑青の純色はかなり鋭い。また、色ダイナミックレンジも相当広い印象で明色は色鮮やかに輝き、暗色はかなり暗くなってもちゃんと色味が感じられる。純色の明暗グラデーションを表示させると最暗部直前までちゃんと色味が残っているのは立派。エッジ型バックライト機では、最暗色が黒浮きに負けてグレーだか有彩色だかうやむやに見える事が多いのだが、本機ではちゃんと見える。, 肌色も、過度な赤味でごまかしてもいないし、白色LEDバックライトでありがちな黄味の強いクセもない。実にナチュラルで透明感と血の気の表現のバランスがいい。, テレビ放送も確認したが、さすが日本メーカー製。地デジ放送のMPEG-2映像のクセをうまく“いなし“て、モスキートノイズやブロックノイズの存在を感じさせない高画質の表示が行なえていた。超解像処理は他社のような元映像から大胆に加工するようなタイプではなく、映像の解像度情報の周波数を「低・中・高」に区分して適度にシャープネスを強調しつつアップスケールするアルゴリズムとなっているようで、これ見よがしな微細ディテール強調はなく、フルHD映像はオリジナルの解像感を破綻させず、それでいてジャギー感は目立たないような、自然な見え方になっている。, LC-45US40は、2016年登場の最新モデルだけあってHDR映像表示に対応している。HDR表示といえば、直下型バックライトによるエリア駆動がなければそれほど効果がないのではないか、と思われるかもしれない。そのHDR表示能力がどの程度なのかは、気になるポイントだ。, 「バットマン vs スーパーマン」のバットマンがトラップでスーパーマンを迎え撃つシーンでの大爆発表現などを、2K BD(SDR:標準ダイナミックレンジ)とUHD BD(HDR)とで同一場面映像を映してみたが、違いは明白だった。UHDブルーレイの方が爆炎が圧倒的に明るく、そして爆炎の中の色が豊かでしかも爆炎の白黄橙赤のグラデーションも鮮明に描きわけができていた。2K BDの方は爆炎の輝度が低いだけでなく、爆炎の中の色の描きわけができておらず、白や黄に飽和してしまっていた。HDRの効果は十分に感じられた。, 明暗がそれほどはっきりしていない映像はどうか。「エクソダス」冒頭の剣の譲渡シーンなどは直下型バックライトモデルだと眼球に乗るハイライトが相当鋭く輝いて見えるのが、LC-45US40はそれほどでもない。, 暗い映像はどうか。「宮古島」冒頭の夕闇の海辺のシーンは、遠くの灯台や街明かりがUHD BDの方は鋭く明るい。それでいて夕闇は暗く、そしてかすかに残る赤らんだ空のの赤味にも深みがある。2K BDの方は暗闇が全体的に明るいのは階調設計の違いだとは思うが、空や海がグレーに沈んでいて明暗差に乏しく赤らんだ空も薄い橙一色が広がるだけで薄っぺらい。日が沈みかけた海も2K BDの方はグレーに落ち込んでいるが、UHD BDの方は濃い青の濃淡が感じられて水深の深さも伝わってくる。, ある程度の得意・不得意はあるようだが、おおむねLC-45US40のHDR表示はよくできていると思う。, 補間フレーム挿入を活用した倍速駆動にも対応する。AQUOSの近年モデルは補間フレームの生成品質に優れているが、念のために本機でも評価を行なった。例によってテストに用いたのは「ダークナイト」冒頭とチャプター9のビル群の空撮シーンだ。LC-45US40では補間フレーム挿入の強度を「アドバンス(強)-アドバンス(標準)-スタンダード-しない」の4段階が選べるが、最も補間フレームの支配率が高い「アドバンス(強)」でも補間エラーは確認できず。つまり良好な補間精度だった。, テレビ放送などを見ていると、遮蔽物からオブジェクトが出現したり、画面外から横スクロールしてくるテロップに時々、補間フレームエラーが起きる瞬間が目に付くが、最近のテレビ製品の中では完成度は高いと思う。, 3D立体視は非対応。なお、AQUOS US40シリーズでも、より大型の「LC-60US40」、「LC-55US40」では、3D対応となっている。, 「標準」は汎用性が高いモードだが、全体的にやや暗め。「映画」は色温度が低めの画調で肌色が美しい。「ゲーム」や「PC」は液晶モニターライクな色温度高めの画調となる。「ダイナミック」は輝度最優先。, 今回の評価は、テーブル上に設置して視距離が1メートル未満の、比較的近めの設置環境で行なった。, 45型という画面サイズは比較的視距離が近い環境では十分に大画面だし、視距離が近い分、4Kの高精細表現が冴える。また、視距離70cm程度であれば、PCディスプレイ的に使っても大きすぎず遠すぎずで普通に使えるのも発見であった。, LC-45US40は、日本の家庭事情にジャストサイズのリビングテレビであると同時に、パーソナルに使うにも適した4Kテレビだと思う。, 気になっていた「エッジ型バックライトによるHDR表示能力」は、評価前はそれほど期待していなかったのだが、実際に見てみると、本文でも述べたように、いい意味で予想を裏切られた印象だ。, もしかすると、エッジ型バックライトなのになぜHDR表現がここまでよくできているのか不思議に思う人もいるかも知れないでの、少しだけ補足解説をしておこう。, 以前の液晶パネルは画素駆動のRGBの各階調レベルが10bit以上のパネルも存在したが、現在の液晶パネルの多くは、8bitとなっているという。そこで、現在の液晶パネルでは、8bit以上の階調表現には、時間積分的な手法を用いることが多いのだとか(液晶パネルの入力仕様では10bit入力仕様でもパネル側の画素は8bit駆動のパターンが多い。この場合、パネル側で時間的、空間的な誤差拡散を行なう)。そう、例えば倍速駆動パネルなどでは2フレームにまたがるような階調表現を行なうのだ。といっても、実際には2フレーム目の階調駆動は補償動作(ディザみたいなもの)になるようだが。とにかく、エッジ型バックライトにおける階調ダイナミックレンジを拡張する表示にはこうしたテクニックを使うことが多いらしい。, エッジ型バックライトでは、1フレーム内で局所的に明暗を制御することはできないが、フレーム単位での輝度の調整は行なえる。つまり、エッジ型バックライトでも、「フレーム単位のバックライト輝度制御」と「液晶画素側の時間積分的階調ダイナミックレンジ拡張テクニック」を併用すると、「素の8bit階調制御で表示する映像」よりは各段にダイナミックレンジの高い表示が行なえるのだ。もちろん、漆黒画素(0nit)と最大輝度画素(10,000nit)が同居するHDRフレームを想定スペック通りに表示するのは無理だが、表示するフレームの平均輝度を求めて、この値を基準にしてエッジ型バックライトの輝度を決めつつ、液晶画素側の階調表現も決めるようにする「二段階階調決定システム」とすれば、そのセットで表現できる最大ダイナミックレンジを得ることは出来る。, HDR映像技術が台頭する前でも、映像エンジン側でSDR映像を独自解釈し、疑似的にHDR拡張し、前述のようなバックライト輝度制御と時間積分的階調ダイナミックレンジ拡張テクニックを組み合わせた「疑似HDR表示」は存在していた。これらは、あくまで疑似的なHDR表示であった。, 一方、UHD BDに採用されたHDR映像は、人間の視覚特性に対応させたPQ(Perceptual Quantization)関数を用い、10bit深度で階調割り振りを行なった“リアル“HDR映像だ。もちろん、現実世界のコントラスト感を完璧に表現できるわけではなくとも、映像エンジンが勝手に独自解釈して作り出したものではなく、映像データ自体がHDR情報を含んでいる。この差は大きい。, まとめると「8bit階調液晶パネルにフレーム単位のバックライト輝度制御でも、それなりにハイダイナミックレンジ表示は行なえる」「従来は独自解釈して疑似HDR表示を行っていたが、今や本物のHDR映像があるので、従来よりは格段に優れたHDR表示ができるのは当然」ということである。, AQUOSでも、US40シリーズより上位のX型番シリーズは全て直下型バックライトを採用しており、それらと比較すれば優劣は存在する。しかし、エッジ型バックライトのUS40シリーズでもHDR表示対応は十分に意味があると、今回の評価で感じた。, 音響性能も良好だし、地デジ放送も美しい。録画機能もスマホ連携やネット機能も搭載。惜しむらくはゲームモードの遅延が大きいということだが、それ以外に大きな弱点は見当たらない。これで価格は18万円前後。LC-45US40の4Kテレビ製品としての完成度は高いといえる。, 大画面映像機器評論家兼テクニカルジャーナリスト。大画面マニアで映画マニア。3Dグラフィックスのアーキテクチャや3Dゲームのテクノロジーを常に追い続け、映像機器については技術視点から高画質の秘密を読み解く。3D立体視支持者。ブログはこちら。, プロジェクタも4K HDR時代。30万円台で4K対応のエプソン「EH-TW8300W」, 世界初45型4Kでトップシェアを狙うシャープAQUOS。超リアル8K女子高生CG「saya」も, シャープ、スタンダード4K AQUOS「US40」に45型追加。32型からの買い替え訴求, シャープ、4K高画質+前面開口スピーカーで音質強化したAQUOS中核機「US45」. 薄型化と大画面化が続いている「液晶テレビ」。新4k8k衛星放送のスタートや4k画質の動画配信やゲーム、uhd bdの登場もあり、4kテレビの普及も急速に進んでいます。そこで今回は、液晶テレビのおすすめモデルをご紹介。 『画質が...』 シャープ AQUOS 4T-C40AJ1 [40インチ] GeeBeezさんのレビュー評価・評判。価格.comに集まるこだわり派ユーザーが、デザイン・操作性・画質など気になる項目別に徹底評価!実際のユーザーが書き込む生の声は何にも代えがたい情報源です。 ※ps5はwqhdモニタに対応していないため、wqhdのおすすめモニタを削除しました。 ps5におすすめのテレビ シャープ aquos 8t-c60cx1. オーディオ、av、ホームシアターの専門雑誌を扱うステレオサウンド社が運営する、オーディオ・ビジュアルのポータルサイト。最新ニュース、製品レビュー、ベストバイ、グランプリなどに加え、人気の評論家による各種コラムや連載などオーディオ・ビジュアルに関する情報が盛りだくさん。 左が26ZP2、右がLC-45US40。「ゲーム」モードでは約3フレーム(60fps)の遅延が計測された, アクティブコントラストのオンオフ設定での表示の違い。暗い映像では見え方がだいぶ違う, アクティブコントラストのオンオフ設定での表示の違い。明暗差の激しい表現が同居しているとオンオフで表示あまり変わらない, 「色域モード」の「スタンダード」と「アドバンス」の違い。純色の赤は大部異なって見える。写真でも違いが分かる, 「色域モード」の「スタンダード」と「アドバンス」の違い。アドバンスの方が人肌もナチュラルになる. [?]ボタンを押すと、選択中の設定項目に関連した電子取扱説明書の該当ページを表示してくれる。[終了]ボタンを押すと元の画面に戻れるのもグッド! 今回は、ps4などのゲームに適したおすすめのテレビを6製品ご紹介します。東芝やシャープといった有名メーカーの製品や画質にもこだわった4kテレビ・4k有機elテレビ、一人暮らしの人におすすめの32v型のテレビなどさまざまなテレビをご紹介していきま … 今回比較する液晶テレビは、32インチ以下の小型機に限っても、現行製品だけで60機以上あります。 選択肢が多いのは消費者には良いことですが、ユーザーにとって「選びやすい状況」とは言えません。 とはいえ、「画質」と「使い勝手」の部分について言えば、以下の4点を「基準」として選べば、「充実した買い物ができる」と言えます。 1・液 … 明るさ… 50 5. 32型のテレビは、一人暮らしでも少し大きめのサイズを探している方や、家族でリビング以外に設置する2台目以降のテレビが欲しい方にぴったりのサイズです。ここでは、ソニーやシャープ、東芝やパナソニックなどの人気メーカーやおすすめ商品を紹介しま … 代表的な液晶テレビである、4kテレビとフルハイビジョンテレビ。どちらかが良いか、分からなく方も多いはず。そこで今回は、4kテレビの特徴やメリット・デメリットと合わせて、4kテレビ選びの際に大切なこと&おすすめ機種を解説します。 2018年12月から新4k衛星放送がスタートし、「4kテレビ」のラインナップも豊富になってきました。フルhdテレビと比べて画面サイズ大きく、価格帯も高価なため購入前によく吟味したいところ。今回は、4kテレビのおすすめモデルをご紹介します。 『おすすめの画質設定教えてください。 』のクチコミ掲示板 ホーム > 家電 > 薄型テレビ・液晶テレビ > シャープ(SHARP) > AQUOS LC-50US45 [50インチ] > クチコミ掲示板 乾燥や皮脂の過剰分泌などが原因で発生する「頭皮のフケ」。清潔にしていても起こることもあり、シャンプーを見直すことで改善する可能性も。しかし、コタ・ハル・コラージュフルフルなどたくさんのブランドがあり、アミノ酸洗浄成分配合・薬用成分入り・メンズ用など種類も豊富なので、最適なものを選ぶのは難... 普段の生活の中で姿勢を正し、体型維持のサポートも期待できる「加圧シャツ」。通販でもいろいろな商品が販売されていますが、どれも見た目や売り文句が似ているので、選び方が難しいと感じていませんか?. All rights reserved. フルハイビジョンテレビの4倍以上の画素数で、より鮮明な映像を楽しめる「4Kテレビ」。ソニー・シャープ・東芝・パナソニックなど大手メーカーから、ハイセンスなどの格安メーカーまで、画質に音質、機能性等さまざまに違いがあり、どれを選んでいいのか迷ってしまうはず。, そこで、今回はAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の4Kテレビ9商品を比較して、最もおすすめの4Kテレビを決定したいと思います。, 画質・音質の検証には、映像と音の専門家である折原一也さんの協力を得て、すべての商品を実際に使って比較・検証しました。果たしてどれが最もおすすめできる4Kテレビなのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてみてくださいね。, 検証には、映像と音の専門家の折原一也さんの協力を得ました。今回、「画質」の良し悪しを判断するのに必要な要素を、映像の詳細さ・立体感・画面全体の明るさ・発色の良さ・残像感・視野角・ゲーム操作の7項目に分類して、5段階で評価を行いました。視聴素材には、地上デジタル放送の2K映像 (4K相当の解像技術)、スポーツの4K映像 (倍速処理機能)、4K映画 (暗部の詳細さ) を使用し各テレビの高画質処理性能を比較しました。ゲーム検証には、PlayStation 4を使用。mybest編集部で4K対応のロールプレイング作品を実際にプレイして、ゲーム操作時の画質についても比較・検証を行いました。, 次に、4Kテレビの「音質」について評価していきます。テレビ視聴に大事な音質を「聞き取りやすさ」「立体感」「迫力」の3項目に分類し、チェックしました。テレビは見るものという印象の強い媒体ですが、テレビの音声は映像に付随するものなので、耳から得る情報も映像と同じかそれ以上にあります。そこで、声の聞き取りやすさ、音の広がり方や音がもたらす迫力について比較を行いました。, 最後に、4Kテレビの「機能性」について評価していきます。機能性のなかでも、音声操作の有無・チューナー数・4Kアップコンバートの有無・倍速機能の有無・HDRの有無・映像配信対応の6項目についてチェック。各商品のスペックを5段階評価し、どの商品が最も優れているか比較しました。高画質処理性能を左右する4Kアップコンバートや倍速機能、操作の利便性を高める音声操作の有無、録画数の幅が広がるチューナー数に関しては評価を1点ずつ配分。HDRの有無・映像配信対応は、標準搭載している機種がほとんどなので、評価を0.5点ずつ配分し、合計5点満点として比較しました。, 4Kとは、横3840×縦2160画素の画面解像度のことで、横の画素数が約4000であることから「4K」という単位で表現されます(Kは1,000を表す「キロ」を省略した表記方法)。フルハイビジョンテレビが横1920×縦1080画素であるのに対して、4Kテレビは縦横ともその倍で、4倍の解像度です。, 4Kテレビは、液晶テレビと有機ELテレビから構成されます。液晶は3万円台からと手頃で、サイズの種類も豊富。ただし、動きの激しい映像でボケがちで、斜めから見ると色変化が大きいのが弱点です。有機ELは安くても20万円ほどと値段は高め。液晶を凌駕する画質の美しさが特徴です。, 多くの場合、「4Kテレビ」といえば4Kの液晶テレビを指します。本記事では4Kテレビのなかでも液晶テレビにフォーカスしてベストバイ商品を導きます。, 4Kテレビを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「7つのポイント」をご紹介します。今回は、映像と音の専門家の折原一也さんからアドバイスを得ました。, 映像と音の専門家として活躍するオーディオ&ビジュアルライター。元はPC系版元編集出身のデジタル世代で、最新の映像・音響トレンドを追いかけ海外取材もこなす。商品は実際にモノを試して、本当におすすめできる機器の評価をするのがモットー。2009年より高画質・高音質、そしてライフスタイル志向のAV機器を、家電量販店等の投票と共に選出するVGP(ビジュアルグランプリ)審査員を務めている。, 4K対応テレビのなかには、4Kチューナーを内蔵していない商品も数多く売られています。非内蔵型の場合は、4K画質で視聴するために別途外付けの4Kチューナーの購入が必要になるため、テレビを購入しただけでは4K映像を楽しむことができません。, そのため、テレビだけで4Kを視聴したい人や部屋にチューナーの置き場所がない人は、チューナー内蔵モデルを選ぶようにしましょう。, 4K放送の主要チャンネルは既存のBS/CS放送のアンテナで受信できます。マンションやアパートに住んでいる人も、BS/CS放送を受信できれば、4K放送も視聴できるケースがほとんどです。, 薄型テレビは購入後10年近く使い続けるものなので、すぐに視聴する予定がなくても4Kチューナー内蔵モデルを選んでおくことをおすすめします。, 液晶テレビのディスプレイには「直下型液晶ディスプレイ」と「エッジ型液晶ディスプレイ」の2種類があり、バックライトとなるLEDの配置が異なります。さらに、パネルにも特性があるため、それぞれのメリット・デメリットを把握して選ぶことが重要です。, 液晶テレビは、特殊な液体を封入したガラスとバックライトとなるLEDを組み合わせて作られています。, 直下型液晶ディスプレイは、このLEDが全面に配置されています。メリットは画面内に明るさのムラが生じにくく、高品位な映像を楽しめること。また、バックライトが画面全体にあるため、画面内を部分ごとに明るさを調整でき、コントラストの高い鮮明な映像表現が可能です。, ただ、背面全体にバックライトを配置していることで、本体サイズに厚みが出てしまいます。それにより、見た目にすっきりとしたデザインは作りにくいことがデメリットです。, バックライトは画面の明るさとコントラストを決める重要な要素。直下型バックライトのなかでもエリア駆動に対応した機種は、4K液晶テレビのなかでも高画質にこだわりを持った機種と呼べます。, なお、直下型でも、最近では部分駆動を搭載していない機種も多く存在しています。ここ2年ほどで直下型のコストダウンが確立されて、安く作られるものも増えてきています。したがって、直下型でも部分駆動ができない機種もあるので、あらかじめ留意しておく必要があるでしょう。, エッジ型液晶ディスプレイは、液晶パネル上下または左右のみにバックライトとなるLEDを配置しています。, 光源がテレビの端に配置されていることで、本体を薄くできるのがメリット。バックライトの数が少ないので、消費電力が低いのも特徴です。価格の手頃な商品が多く、できるだけ安く4Kに乗り換えたいという人に最適といえます。, 一方で、映像や色にややムラが出てしまう点は難点です。直下型のように部分的な輝度のコントロールも難しいので、映像全体のコントラストはやや低めです。, エッジ型のLEDは、格安4Kテレビで数多く採用されています。画面の色ムラや明るさのバランスに問題がないか、購入前にチェックしてみましょう。, 液晶テレビは、バックライトの構造の違い以外にも、パネルにも特性があります。液晶テレビのパネルは「VA方式」と「IPS方式」の二種類で、パネルはバックライトの光を調節して明暗表現や色彩を再現する役割を持ちます。, VA方式は応答速度が速く、コントラストが豊かなのがメリット。ただし、視野角が狭いので正面以外の視聴ではコントラストや彩度が低下する点はデメリットです。, IPS方式は液晶の弱点だった視野角を改善し、複数人でテレビを囲んでも輝度や色の変化が小さいのがメリットです。ただし、VA方式に比べてコントラスト比がよくない点はデメリット。, 普段テレビを正面から見ることが多い場合にはVA方式を、部屋の角にテレビがあり斜めから見る機会も多い場合にはIPS方式をというように、使用用途によって適切な方式を選択するようにしましょう。, 4Kテレビ購入の際に視野角を重視するなら、IPSパネル搭載の機種から選べば間違いありません。ただし、商品によってはVAパネルを採用しつつ、視野角を広げる独自技術を搭載してカバーしているケースもあります。商品の説明を確認してみましょう。, バックライトが光源となる液晶テレビとは異なり、ディスプレイ自体が光源となるのが有機ELテレビ。バックライトが不要になり、より高画質な表示を可能としています。, また、液晶ディスプレイでは限界があった明るさ・暗さ表現が細部まで出来るのも有機ELの特徴です。詳細な色の表現や立体感が映像の美しさを引き立てます。映像を表示するまでの速度が速く、スポーツの視聴にも最適。また、斜めから見ても画質が損なわれず、超薄型なので設置場所を問わず置ける点にも優れています。, ただし、安いものでも価格は15万円〜と液晶ディスプレイと比べ値段はぐっと高くなります。とにかく映像の美しさにこだわりたい人に適しています。, 現在の4Kテレビは、低価格から中価格のものが4K液晶テレビ、高価格のものが有機ELテレビと棲み分けされています。本格的な高画質を求めるなら、やはり有機ELがおすすめです。, せっかくテレビを4Kの高画質で楽しむなら、スピーカーの性能もチェックしておきましょう。音響の性能を知るためには、搭載されているスピーカーの総合出力を目安にするとよいです。, スピーカーの出力は「W数」で表示され、この数字が大きくなるほど音が大きく出力できます。さらに、迫力も増すという指標にもなります。4Kテレビの多くは20~30Wほどですが、80W以上の高出力モデルのものもあるのでぜひチェックしておきましょう。, さらに、映画でも使われる最先端の音響「Dolby Atmos」対応モデルなら、前後左右の音に加えて高さの音情報まで立体的に再現できるといわれています。頭上をヘリコプターが移動する音や、降りしきる雨の音など、映像にリアルさが増します。映像だけでなく音も重視したいという人はぜひ確認しておきましょう。, テレビに求められる音の基準はさまざまですが、低価格な機種ではテレビ番組の人の声をはっきりと聞きやすいことが重要です。より高性能な機種では、映画や音楽を臨場感あるサウンドで楽しめることがポイントになります。, テレビの視聴には、映像を正しく楽しむための適切な距離があります。2Kテレビでは画面の高さ×3、4Kテレビでは画面の高さ×1.5の距離離れて視聴するのが理想です。, たとえば、4Kテレビの55型で画面の高さが70cmのものを使用すると想定すると、70cm×1.5で105cmで、1m程度の距離があれば最短視聴距離を確保できます。, このように、事前に部屋の間取りを確認し、視聴するシチュエーションまで想起して、何型までのテレビを置くことができるか、購入までにきちんと把握しておくことが大切です。, 最適視聴距離は、映像を高画質に楽しめる最短の距離を表しています。4Kテレビでは2Kテレビより近づいて視聴できますが、もちろんもっと離れて視聴しても問題ありません。, なお、現在のテレビは、10年前のテレビと比べ、5インチ以上「画面サイズ」が大きく作られています。具体的には、10年前の58型のサイズで、現在65型が作られています。フレーム部分を狭くする技術が発達し、枠部分を画面にあてることが可能となったためです。, 地上デジタル放送など4K非対応の映像を4K画質に引き上げる「4Kアップコンバート機能」や、激しい動きまで美しく映し出す「倍速機能」、YouTubeやNetflixがテレビで楽しめる「動画配信対応」の4Kテレビなど、さまざまな便利な機能が搭載された商品も販売されています。, 高画質処理に必要な機能やあると便利な機能なので、ぜひ購入の際にチェックしてみてください。, 4Kテレビを購入しても、一番多く視聴するのは地上デジタル放送やネット動画というのはよくあることです。, 4Kテレビでは、本来4Kではない映像を4K相当の画質に変換する「4Kアップコンバート機能」を搭載しています。地上デジタル放送やネット動画、ブルーレイディスクやDVDなどを観る際にも、今までのテレビより4Kテレビのほうが美しく視聴できます。, 4Kアップコンバート機能の性能は、商品やメーカーによって様々です。その出来の良さも、テレビを選ぶ際の重要なポイントとなります。, 4Kアップコンバート機能は、テレビメーカーが独自に開発している「高画質エンジン」「高画質化回路」に組み込まれています。先進的なメーカーでは超解像などの技術によって、地上デジタル放送であっても4K放送に近い高画質化を可能としています。, スピード感のある映像を、より美しく見るために有効なのが倍速機能です。通常1秒60コマで作られる映像を、倍の120コマにすることから倍速機能と呼ばれています。倍速機能では、1コマ1コマの間に新たに映像を作り出すため、素早い動きにも耐えうる細かな映像表現ができます。, 速い動きが多いスポーツ中継などの視聴に最適で、残像感や映像のチラつきの低減が期待できます。スピード感ある動きを細部まで捉える高画質を求める人はぜひチェックしておきましょう。, 倍速機能には「倍速パネル」の搭載が必須です。4K液晶テレビのなかでも、高性能な液晶パネルを採用している目安ともいえます。, 4Kテレビの多くは、定額で映画やドラマ、アニメなど多彩なコンテンツを楽しめる動画配信サービスに対応しています。有料のサービス以外にもYouTubeなど無料コンテンツもあり、各サービスで4K動画も多数配信されています。, ただし、Netflix・Hulu・Amazonプライムビデオ・DAZNなど、メーカーによって対応しているサービスが異なるので、視聴可能なコンテンツも確認しておきましょう。メーカーによっては動画配信の映像まで高画質に処理する機能を持っているものもあるので、チェックしておくとよいでしょう。, また、音声操作機能を搭載しているかどうかもチェックしましょう。音声操作機能があると、動画配信サービス利用の際に、検索時の面倒な操作が省けて便利です。リモコンで文字を打つのはスマホやパソコンとは勝手が違うため、ストレスのない快適な利用の手助けとなるはずです。, 2020年時点で、大手テレビメーカーの主要機種がYouTube、Netflix、Hulu、Amazonプライムビデオ、DAZNへの対応を済ませています。大手以外のメーカーを選ぶ際には、自分の利用したい動画配信サービスに対応しているか確認しましょう。, HDRとはハイダイナミックレンジの略称で、画面の明暗を人の視覚に近い見え方が再現する映像技術です。4K放送ではHDR技術が採用されているほか、最新の映画やゲーム作品でもHDRの採用が進んでいます。, 従来の「SDR・スタンダードダイナミックレンジ」に比べて、より豊かな色彩表現が可能で、繊細な色の変化まで詳細に映し出します。映像美が魅力の4Kテレビならではの美しさをより一層味わうために、HDR対応の是非についてもチェックしておきましょう。, 2020年の時点では現在ほとんどのテレビでHDR対応は完了しています。一部型落ちの機種ではHDRに対応していないものもあるので、注意が必要です。, テレビの視聴にあたっては、リアルタイムに観るのではなく録画して視聴する人も多いでしょう。現在の4Kテレビではすべての機種で外付けUSB HDDを接続することで番組録画にも対応しています。ここで大事になるのがチューナーの数です。, 一度に同時間帯の番組をいくつ録画できるかは、チューナーの数で決まります。2基のチューナーを搭載している機種なら視聴中の番組以外の裏番組録画、3基の機種なら番組を視聴しつつ裏番組を2番組同時に録画できます。, テレビ録画用にレコーダーを別途用意するなら、レコーダー側から増強することもできます。逆に、録画もテレビのみで済ませたいなら、テレビのチューナー数が多いものを選んでおいたほうが良いでしょう。, 4Kテレビでは、地上デジタル放送の4K放送のチューナー数が異なる商品もあります。4Kテレビの録画を中心に使いたい人は、必ず4Kのチューナー数をチェックしましょう。, ひとえにテレビといっても、メーカーごとにさまざまに異なる性能を持っています。あらかじめメーカーごとの特色を理解して、自分の趣味趣向・用途に合ったテレビ選びの参考にしてください。, 電力、情報・通信、半導体などの事業も展開する東芝のテレビ事業を元に、現在は中国のハイセンス社傘下の東芝映像ソリューション。19型の液晶テレビから65型の有機ELテレビまで幅広くラインナップしています。また、国内で初めて4Kチューナー内蔵の4Kテレビを発表したメーカーでもあります。, 東芝のREGZAは、過去に遡ってテレビ番組の視聴ができる独自性能「タイムシフトマシン」を特徴としています。番組の途中から視聴しても「はじめにジャンプ」ボタンで番組の冒頭から視聴できるなど、豊かな機能性で知られています。, 地上デジタル放送の録画を重視する人にとって「タイムシフトマシン」は唯一無二の性能。高画質エンジンの性能が良く、地上デジタル放送の画質の良さにも定評があります。, 音響・映像分野で先進的な技術を持つことで知られ、世界最大級のAV機器メーカーであるソニー。グループ企業がゲーム機PlayStationやレコード会社を運営するなど多様な事業を展開しています。, ソニーのBRAVIAは、画面を振動させ、画面そのものから音を出す独自技術をもとに、映像と音の一体感を提唱しています。近年は、GoogleのプラットフォームであるAndroid TVを採用し、ネット動画との融合にも積極的です。, ソニーは、自社開発する高画質エンジン「X1 Ultimate」の技術に定評があります。YouTubeやAmazonプライムビデオ、Netflixなどネット動画視聴重視の人にもおすすめです。, AV機器からエアコン、洗濯機などの生活家電はもとより、住宅関連事業に車載機器事業など手広く展開するパナソニック。ポータブルテレビから有機ELテレビまで豊富にラインナップしているため、用途に応じてサイズや予算感に合った商品選びができます。, パナソニックのVIERAは、独自技術を用いた高画質処理を魅力としています。とりわけノイズを抑える高画質技術が特徴的で、これを使うことでより自然に近い色を再現できると謳っています。, 高画質、高音質など4Kダブルチューナーを搭載するなど、テレビトータルの使いやすさが光るVIERA。Dolby Atmosの立体音響にも積極的に対応しています。, 自社グループで液晶パネルから製造する唯一のブランドで、世界で最も早く8Kテレビを制作・発売したシャープ。かつて、フルハイビジョン液晶テレビも世界最速で輩出した同社は、液晶テレビのサイズバリエーションも豊富に取り揃えています。, シャープのAQUOSは、外光や照明の映り込みを抑える自社開発技術「N-Blackパネル」を使用しています。これにより、テレビ視聴にありがちな光の侵入を最小限に抑えられることを特徴としています。, 日本のメーカーとして親しみやすく、サイズも多彩と日本の家庭にあった商品を数多く発売しているのがAQUOSです。ネット動画向けにAndroid TVを採用していて、意外にもYouTube、Amazonプライム・ビデオ、Netflixなどネット動画配信に熱心なメーカーでもあります。, 韓国が誇る世界的家電メーカーLG。パソコンやテレビを筆頭に、スマートフォンやタブレット、空気清浄機の製作・販売から、電気自動車の開発なども展開しています。液晶パネル、有機ELパネルを自社グループで製造し、薄型テレビでは世界シェア2位のトップブランドです。, LGの4Kテレビは、有機ELにも採用されている高性能映像エンジンを搭載。ネット動画視聴を融合させたWeb OSの操作性も特徴です。, LGの4K液晶テレビはすべての機種でIPSパネルを採用しているので、視野角の広さに定評があります。世界的なテレビメーカーということもあってグローバルなトレンドに敏感で、ネット動画対応だけでなくAI機能の搭載も積極的です。, 東芝の映像機器部門・東芝映像ソリューションを子会社に持つ中国のハイセンス。情報機器に通信機器、家電製品など幅広く製作していますが、とりわけテレビ市場では近年最も大きな成長を遂げているメーカーのひとつです。2020年時点では、世界シェア5位のメーカーとなっています。, 日本で販売しているハイセンスの4Kテレビは、子会社の東芝映像ソリューションと共同開発をした日本専売モデルで、標準機能の多くが東芝製のテレビと共通しています。日本の大手メーカーにも劣らぬ高い性能を持つと評され、安価な価格設定とコストパフォーマンスの高さを特徴としています。, コストパフォーマンスの高い4Kテレビとして人気のハイセンス。日本国内発売モデルでは東芝映像ソリューションと共同開発した高画質エンジンを採用しているので、地上デジタル放送の高画質処理にも定評があります。, 日本ではヤマダ電機独占で販売され、アメリカで日本メーカーの液晶テレビ出荷台数トップシェアを誇るFUNAI。, FUNAIは、録画用のHDDをテレビに搭載させた4Kテレビを販売しているのが特徴。テレビを買えば録画機能も付属する「令和時代の進化系テレビ」と謳い、見ること聞くこと以外の機能性の豊富さを提唱しています。, ヤマダ電機専売ブランドのFUNAIですが、2020年モデルから高画質・高音質技術の強化を進めています。Android TVも搭載し、毎年目まぐるしく進化を続けるブランドです。, 2012年から生活家電や白物家電をメインに取り扱いの幅を広げ、2019年からはテレビを含むAV・情報機器などの黒物家電事業にも参入しています。アイリスオーヤマのLUCAの特徴は、その価格。4Kチューナー内蔵の4Kテレビ43型で6万円台、65型で12万円台と相場の半額まで抑えています。, ホームセンターを中心に販売するアイリスオーヤマにとって、4Kテレビはまだまだ新規参入の分野。価格を抑えたラインナップが特徴です。, 日本の美意識にフィットする色調と、強調しすぎない輪郭表現を提唱するドウシシャ。廉価な価格設定でハイスペックな「次世代スタンダード」を目指し、テレビ開発手法の抜本的な見直しを試みています。, ドウシシャのORIONの特徴は、日本独自の放送品質に合わせ、メインボードを自社開発していること。日本人の好みに、よりフィットする映像の美しさや色彩表現を提唱しています。, ホームセンターやネット通販などで低価格の商品を展開しているORION。大手メーカーではないので、価格重視で選びたい人向きです。, ここからは、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングなどで売れ筋上位の4Kテレビ9商品を比較して、どれが最もおすすめの4Kテレビなのか決定していきたいと思います。, 今回、「画質」の良し悪しを判断するのに必要な要素を、映像の詳細さ・立体感・画面全体の明るさ・発色の良さ・残像感・視野角・ゲーム操作の7項目に分類して、5段階で評価を行いました。, 視聴素材には、地上デジタル放送の2K映像 (4K相当の解像技術)、スポーツの4K映像 (倍速処理機能)、4K映画 (暗部の詳細さ) を使用し各テレビの高画質処理性能を比較しました。, ゲーム検証には、PlayStation 4を使用。mybest編集部で4K対応のロールプレイング作品を実際にプレイして、ゲーム操作時の画質についても比較・検証を行いました。, 画質検証でトップ3となったのは、東芝「55Z740X」、ソニー「KJ-55X9500H」、シャープ「4T-C55CN1」の3モデル。, 画質検証で高い評価を集めたのは、コントラスト豊かに、人肌など精細な部分に自然な立体感が感じられるもの。これらはいずれも、放映画質がそもそもボケ気味の地上デジタル放送も4Kと遜色ないほどに美しく、高画質に処理する性能に優れていました。, 一方で、画質の評価が伸び悩んだものは、動きのある映像でノイズ感や残像感を感じるものとなりました。このほかにも、発色のバランス感がよくないもの、精細さを欠き画面にザラつきを感じるものも評価が低く留まる形となりました。, テレビ視聴に大事な音質を「聞き取りやすさ」「立体感」「迫力」の3項目に分類し、チェックしました。, テレビは見るものという印象の強い媒体ですが、テレビの音声は映像に付随するものなので、耳から得る情報も映像と同じかそれ以上にあります。そこで、声の聞き取りやすさ、音の広がり方や音がもたらす迫力について比較を行いました。, 音質検証でトップ3となったのは、ハイセンス「55U85F」、ソニー「KJ-55X9500H」東芝「55Z740X」の3モデル。, 音質検証で高い評価を集めたのは、映像と音声に一体感が感じられるもの。また、声が聞き取りやすいもの、声色が詳細まで伝わるもの、迫力があって音に立体感があるものも、音声に必要な臨場感を演出しており高評価となりました。, 一方で、音質の評価が伸び悩んだものは、音が一方向的に出ていて包囲性のないものとなりました。これらは声色のチープさも目立ち、立体感・低音の出もいまひとつと、大きな画面に音質が劣ってしまうような品質でした。, 機能性のなかでも、音声操作の有無・チューナー数・4Kアップコンバートの有無・倍速機能の有無・HDRの有無・映像配信対応の6項目についてチェック。各商品のスペックを5段階評価し、どの商品が最も優れているか比較しました。, 高画質処理性能を左右する4Kアップコンバートや倍速機能、操作の利便性を高める音声操作の有無、録画数の幅が広がるチューナー数に関しては評価を1点ずつ配分。HDRの有無・映像配信対応は、標準搭載している機種がほとんどなので、評価を0.5点ずつ配分し、合計5点満点として比較しました。, 現在の4Kテレビの多くは、4KアップコンバートやHDRなどの高画質処理性能に、映像配信対応は当たり前となっています。そんななかで、倍速機能を持つものや音声操作機能のあるもの、チューナー数の多いものなど、数ある機能のなかでもとりわけ優れた性能を持つ商品が高評価となりました。, これらはあくまで付加価値的な機能ではありますが、映像配信サービス利用時の検索の際などに音声操作機能はとりわけ便利です。また、倍速機能もスポーツ中継を視聴する際など、スピード感のある映像を美しく映し出す性能で、あると非常に便利なのでぜひチェックしておきましょう。, 家族の団らんにとって大事なテレビ。「広めの部屋に置けるテレビを探している」「リビングやダイニングで家族みんなが楽しめるものがほしい」といった方におすすめなのが、IPS液晶パネル搭載で広範囲な視野角を持ち、高画質な映像を大画面で楽しむことができるSUNRIZEの「4Kテレビ 65V型」です!, IPS液晶パネルによる広い視野角は、どの位置から見てもクオリティの高い映像を見ることができます。加えて4Kテレビなので、フルハイビジョンの何倍もの画素数で鮮明な映像を楽しめるでしょう!見る場所を選ばずに常に鮮やかでキレイな映像を見たいなら、IPS液晶パネル搭載の4Kテレビが間違いありません!また、SUNRIZEの「4Kテレビ 65V型」はインターネット接続も可能でなので、AmazonプライムやNETFLIXなどの動画配信サービスも楽しめるほか、YouTubeなどの動画サイトも閲覧できる多機能なテレビです♪, SUNRIZEの「4Kテレビ 65V型」は、大画面ながらも85,800円(税込)で購入できるので、低価格で探している方にピッタリです!しかも、基本送料無料なのも嬉しいポイント。また、安定感のあるスタンドや3年保証も付いているため、初めて4Kテレビを利用する方でも安心して使うことができます。ぜひこの機会に、ご家族みんなで4Kテレビをお楽しみください!, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, TVer, Abema TV, U-NEXT, GYAO!, DAZN, Rakuten TV, TSUTAYA TV, dTV, FOD, バンダイチャンネル, BS 4K数 x2、110度CS 4K数 x2、地上デジタル数 x2、BSデジタル数 x2、110度CSデジタル数 x2, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x2, 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, ヘッドホン出力端子 x1, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, TVer, Abema TV, U-NEXT, DAZN, Rakuten TV, TSUTAYA TV, dTV, DMM.com, Paravi, スカパーオンデマンド, ひかりTV 4K, acTVila, BS 4K数 x2、110度CS 4K数 x2、地上デジタル数 x9、BSデジタル数 x3、110度CSデジタル数x3, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x4 (タイムシフトマシン専用 x2/通常録画専用 x1/汎用 x1), ビデオ入力端子(映像入力/音声入力)x1, HDMI®アナログ音声入力端子 x1(ビデオ入力端子(音声入力)1系統と兼用), アナログ音声出力端子 x1(ヘッドホン端子兼用), 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, ヘッドホン出力端子 x1, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, Abema TV, U-NEXT, DMM.COM, acTVila, ひかりTV 4K, スカパーオンデマンド, dTV, TSUTAYA TV, BS 4K数 x1、110度CS 4K数 x1、地上デジタル数 x3、BSデジタル数 x3、110度CSデジタル数 x3, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x2, 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, TVer, Abema TV, U-NEXT, dTV, TSUTAYA TV, スカパーオンデマンド, クランクインビデオ, Paravi, TELASA, BS 4K数 x2、110度CS 4K数 x2、地上デジタル数 x3、BSデジタル数 x3、110度CSデジタル数 x3, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x2 (HDD用 x1/USBメモリー用 x1), 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, TVer, Abema TV, U-NEXT, DAZN, dTV, acTVila, TELASA, Berliner Philharmoniker, Paravi, ひかりTV 4K, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x3, 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, YouTube, Netflix, Amazon Prime Video, Hulu, Abema TV, U-NEXT, DAZN, JOYSOUND.TV, TSUTAYA TV, acTVila, ひかりTV 4K, BS 4K数 x1、110度CS 4K数 x1、地上デジタル数 x2、BSデジタル数 x2、110度CSデジタル数 x2, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x3, コンポーネント入力 x1, 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, YouTube, YouTube Kids, Amazon Prime Video, Hulu, Abema TV, U-NEXT, dTV, DAZN, TSUTAYA TV, ひかりTV 4K, クランクインビデオ, HDMI端子 x4 (ARC対応), USB端子 x1 (録画専用), 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, HDMI端子 x3 (ARC対応), USB端子 x1 (録画専用), 光デジタル音声出力端子 x1, LAN端子 x1, イヤホン出力端子 x1, 映像は、発色の鮮やかさ・高解像度・画面の立体感とすべてが優秀と高評価に。とくに、没入感という点で十二分といえます。着物の模様などの精細さ、人肌の自然な質感、顔の立体感を美しく復元。ボケ気味の元映像も引き締め、視野角の広さも文句なしの水準です。, また、音質については、映像と音の一体感を高く評価されました。声の聞き取りやすさはもちろん、声色の微妙なニュアンスまで伝わる詳細さが高評価に。声とBGMとの立体感も鮮明に演出され、テレビ内蔵スピーカーで出せるものとしては高音質といえます。, 映像は、地デジ放送のボケ気味の映像まで美しく見せる技術が優秀と高評価。テロップに付く小さなノイズも取りこぼさず、動いた映像もしっかりと高精細に復元させる処理は極めて優秀と評価できました。そのほか、画面全体のコントラストも豊かで、自然な立体感も感じられました。, 音質に関しては、スピーカーから出るすべての音が高解像で、声のニュアンスまで詳細に出ていると高評価に。立体感を持たせる工夫はそれほどないものの、それをマイナスにできないほどに自然な奥行き、音の細かなニュアンスと、ずんずん響く低音のパワフルさが好印象でした。, 機能面では、地デジ放送や動画配信の画質も4K相当に解像する機能や倍速機能など高画質技術を多数搭載。高解像な音質に、明るい部屋でも快適に視聴できるハイセンスのテレビは、リビングのテレビを新調したい人にはとくに有力候補といえます。, とりわけ高い評価となったのは、音声の再現性の高さ。テレビの音声表現に重要な、人の声をくっきりと聞き取りやすく表現しており高評価となりました。また、映像に付随する音の立体感をしっかりと再現できていて、迫力を孕んだ音の広がり感も抜群と高く評価を受けました。, 映像は、やや色味が派手で明るさも鮮やかさが際立つものの、映像の品位の高さは十分とまずまずの評価に。また、映画の視聴においてもゲーム操作においても、明るさや発色のよさを重視しているためか、映像の細やかさに関しては若干精彩を欠く形となり、やや評価が伸び悩みました。, 一方で、機能面では全項目において高評価としました。動画配信サービスへの対応はもちろん、2K画質を4K相当の画質に解像する技術や倍速機能なども充実しています。, 画質は、少し地味なコントラストで見た目のインパクトは弱め。しかし、映像には精細感がありノイズは目立ちにくかったです。とりわけスポーツなど動きの激しい映像での画質の良さ、映像の安定感は高く評価できました。そのほか、映画視聴時の暗部の詳細さが忠実な点でも評価を上げました。, 画質は、色味が非常に濃い印象ではあるものの、コントラストはまずまず。明るさや発色においては全体的に高く評価しました。ただし、映像に動きがあると残像やノイズ感があり、やや残念な結果です。また、映画では画面が白っぽくなり、ゲームでは画面が暗くなり、地デジ視聴以外では評価を下げました。, 音質は、音がテレビの下から出ていて抜けが悪く、立体感もさほどなく、評価は上がらず。低音も一応出ているというレベルでした。地デジの視聴程度には問題ないものの、特段よいとはいいがたい結果です。機能性では、チューナー数で他製品に劣り、評価が伸び悩みました。, 実際の画質は、発色が淡く、画面全体が白みがかっており、臨場感に欠ける印象。輪郭のラインにはじりじりとノイズが発生し、画面全体のざらつきも端々に見られました。正面以外からの視聴には色ムラがあり、自然な視聴に難ありと感じました。ゲーム操作でも、画面がボケ気味でチラつきも見られ、評価が落ち込みました。, 画質は明るさが過剰に出ているほか、画面全体にノイズが目立った印象で評価が落ち込みました。色彩も肌色が極端に赤色に寄った不自然な色合いで、顔の輪郭なども精細とは言えず。斜めから見ると色変化が大きい視野角も減点で、ゲーム操作でも4Kの美しさは感じられませんでした。, なお、ご参考までに、4KテレビのAmazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認して下さい。, 当サイトでは、JANコードをもとに、各ECサイトが提供しているAPIを使用して、各商品の価格の表示やリンクの生成を行っております。, そのため、掲載価格に変動がある場合や、JANコードの登録ミスなど情報が誤っている場合がありますので、最新価格や商品の詳細等については各販売店やメーカーに確認するようにお願いいたします。, 宮城県を拠点に生活用品や生活家電の製造・販売を行うアイリスオーヤマ。大手家電メーカーで腕を磨いた優秀な技術者を大量に採用したことから家電分野でも近年頭角を表しています。, テレビやレコーダーをはじめとする映像関連機器に、音響機器から一眼レフカメラまで、多くの商品を展開するソニー。「X9500H」は49V型から55V型、65V型、75V型、85V型と、大型から超大型まで幅広くラインナップしています。, いつでも過去に戻って視聴できる全自動録画機能「タイムシフトマシン」を搭載する東芝のREGZA。放送中の二つの異なる番組を二画面表示できる便利な機能も搭載しています。, 国内最大級のAV機器の祭典・VGP2020において「コスパ大賞」を受賞し、低価格高品質が売りのハイセンス。2018年に東芝のテレビ事業を子会社化しており、東芝映像ソリューションと共同開発したエンジンを搭載しています。, 世界で初めて8Kテレビを発売したシャープの4Kテレビは、テレビの視聴時に気になる外光や照明の映り込みを抑える自社開発技術「N-Blackパネル」を使用。8Kテレビの開発で培った高画質処理技術を4Kテレビにも応用しています。, 本品のために新開発されたというプレミアム液晶ディスプレイを搭載した、パナソニックの4Kテレビ。AIが自動で無駄を見つけて節電してくれるなど、気の利いた機能も搭載しています。, 世界トップクラスのシェアを誇り、国内大手に比べ安価な価格設定が魅力の韓国の総合家電メーカーのLG。テレビ本体の性能や価格だけでなく、見た目のスタイリッシュさにも定評があります。, 大容量HDDを内蔵・録画・再生機能を搭載しているFUNAIのテレビ。こちらの5030シリーズでは4Kチューナーを2基搭載しているため、4K放送の視聴はもちろんのこと、裏番組録画も可能となっています。, 日本思考から生まれた美とこだわりの4Kを売りにするORIONの4Kテレビ。日本の美意識にフィットする色調を目指し、次世代スタンダードを掲げています。, 相場の半額程度まで値段を抑えた手頃さが売りの、アイリスオーヤマの4K液晶テレビ。長年収納グッズなど生活便利品を数多く制作してきたメーカーですが、数年前から家電業界にも参入しています。, 液晶よりもさらに高画質で人気の「有機ELテレビ」。壁掛け用としても使えて汎用性が高く、超薄型でスタイリッシュでデザイン性にも優れています。ただ、ソニー・東芝・パナソニック・シャープ・ハイセンス・LGなど非常に多くのメーカーから販売されていて、どれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。, 自然の美しい映像やスポーツ中継などを大迫力で楽しめる大型テレビ。しかし、価格やサイズはもちろんのこと、最近では4Kや8Kなど解像度の違いもあり、どれを購入すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。また、有名ブランドのもの以外にコスパのいい機種があれば知りたいという方も多いはず。, 高い解像度でよりリアルな映像を楽しむことができる「8Kテレビ」。映画をはじめスポーツやドキュメンタリーまで、臨場感のある映像体験ができるのが魅力です。しかし、種類は多くはないながらも簡単には失敗できない価格帯のため、どれにするべきかと足踏みしてしまいますよね。.

ベビーフェイスプラネッツ 長野市 メニュー, 楽天市場 Tポイント 使用, ペペチーノ ランチ 土曜日, 帽子 ヘアアレンジ ママ, 久屋大通 駐車場 平日, 孤独の ランナ ウェイ パクリ,

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *